住宅ローン通らない時は

フラット35の収入合算の利用条件

住宅支援金融公庫のフラット35は、収入合算という形で借入することもできるんですね。
フラット35の収入合算の利用条件はというと、まず収入合算できる人の条件が、申し込んだ人の配偶者や親、子どもなど1名で、年齢が70歳未満、申し込み者とその住宅に同居して連帯債務者としての責任を負える人なんですね。

そして収入合算できる金額としては、収入合算できる人の年収全額なんだとか。
詳しいことはフラット35のサイトに載っているので、収入合算のことが知りたい人は、それを参考にするといいんじゃないでしょうか。
収入合算して家を購入できれば、随分負担はラクになるかもしれませんね。
フラット35には、親子リレー返済といって、親子で返済できるようなシステムもあり、高い一戸建て住宅を購入できるような、色々な返済方法が考えられているんですね。
確かに協力しあいながらじゃないと、家は買えないかもしれないなあ・・。
頭金だって、一馬力ではなかなか貯まらないし・・。

今は夫婦共働きの家庭が増えているけど、現実問題、家や自動車など大きな買物をする時には特に、共働きじゃないと難しいですよね。
フラット35で収入合算して家を買うというケースって、これからもどんどん増えていくんじゃないかな。

Copyright 2011 住宅ローン通らない時は, Inc.