住宅ローン通らない時は

福祉医療機構の年金教育貸付

教育費用って家計を圧迫しますよね。
文系でも年に100万以上かかるし、理系なら150万以上かかることも・・。
それを4年間支払うだけでも大変だけど、子どもが複数いる場合は、子どもの数だけ教育費が必要になってくるから、親はかなり資金繰りに苦労しますよね。
でもどうしても捻出できない場合には、教育ローンという方法もあります。

福祉医療機構の年金教育貸付は、教育ローンの中でも金利が低く好評だったみたいですね。
でも現在では福祉医療機構による年金教育貸付で融資を受けることはできなくなったようです。
なぜかというと、平成19年の12月に独立行政法人整理合理計画で、教育資金貸付あっせん業務の休止という閣議決定がなされたから・・。
金利の低い国の教育ローンが少なくなるというのは、大学生の子を持つ親としてはとても残念ですよね。
金利って払い続けるとかなりの負担になるものだし、できれば低金利でお金を借りたいと思うのは当然のこと・・。

それなのに、大学費用は安くせず、金利の低い教育ローンがなくなっていくっていうのは、個々の家庭の経済状況をさらに悪化させることに繋がりますよね。
大卒の就職率もどんどん下がっているのに、救いの手を差し伸べるどころか、差し伸べた手を引っ込めるような対策は感心しませんね。

Copyright 2011 住宅ローン通らない時は, Inc.