住宅ローン通らない

住宅ローン審査に通らない

「住宅ローン通らない」と耳にする事があります。「住宅ローン通らない」とは、住宅購入の為の資金を融資して貰う際の審査に通らないと言う事です。まず、住宅購入資金のような大きい金額の融資を受ける場合はほとんどの場合で貸付をする金融機関側が審査を行います。その際に個人信用情報機関に、個人の情報を確認し、また個人の年収、職業、年令、勤続年数などを審査項目として取り上げ、審査を行います。

そこで、どこかしらに何らかの問題がある場合は、融資を受ける事が出来ません。その、なんらかの問題といいますので、個人信用情報機関にどのような情報が登録されているか。という事が重要となってきます。個人情報機関とは、氏名はもちろん、クレジットカードの有無、現在の債務状況、過去の消費者金融等からの借金の延滞や遅延の返済事故情報、職業、年収などが登録されています。その中でも特に注目したいのが、借金の延滞や遅延等による返済事故情報です。
これは、一度登録されてしまいますと、5年間は事故情報として登録されたままの状態になります。すなわち、5年間は大きな金額の融資を受ける事が難しいという事になるのです。この個人信用情報機関の、事故情報は、ブラック情報とも呼ばれています。ブラックの逆としてホワイト情報もありますが、これは、なんの問題もない情報の事を指します。さて、このブラック情報ですが、俗に言うブラックリストの事でもあります。実際はブラックリストと名のついたリストは存在しませんが、このような形として情報登録されていますので、ブラックリストという呼び名がちうたとも言われています。

ブラックリストにのっているからクレジットカードに入会出来ない。という話はよく聞く話だと思いますが、それと同様、住宅購入の為の融資を受けることも出来ないのです。また、複数枚にクレジットカードを所持している場合も融資を拒否されてしまう事があります。
それは、融資を受ける時期に、債務があっては、返済困難に陥る可能性があるとみなされ、クレジットカードの与信枠ですら、債務として計上されてしまうからです。その為、住宅ローン申請する場合は、不必要なクレジットカードを解約してから申請することが望ましいと言えるでしょう。
そして、車などのローン残債がある場合も、完済せずに融資する事は出来ないとされる事もありますので、車のローン返済も完済させてから申請する事で、住宅ローンも通りやすいと言えます。住宅ローンで否決された方、審査に落ちた方は、こちらのサイトで審査に通りやすい情報を参考にしましょう。⇒住宅ローン審査


Copyright 2011 住宅ローン通らない時は, Inc.