住宅ローン通らない時は

つなぎ融資と資金調達

住宅を購入する時って、住宅ローンの融資を受けて購入する人が大半じゃないかな。
でも住宅ローンって、金融機関で申し込んでも融資してもらえるまでちょっと日数がかかるんですよね。
で、その間に支払い義務が生じてくる場合、一時的に金融機関から融資を受けることをつなぎ融資っていうんですよね。

資金調達のためにこのつなぎ融資を利用している人って多いんじゃないかな。
どういう場合にこういったつなぎ融資が必要になってくるかというと、例えば融資を受けられる日が決済日よりも遅れる場合や、住宅を買い替えるのに売却が遅れている場合などです。
でもこういったケース全てでつなぎ融資が必要というわけではなく、不動産会社や住宅メーカーが資金の立て替えや、融資に合わせて引き渡し可能なように調整してくれたりすることもあるようなので、そのあたりは購入する前に確かめておいた方がいいでしょうね。
つなぎ融資と資金調達で住宅を購入することができても、後々負担が増えてしまうのは避けたいですよね。

できれば、つなぎ融資なんて必要ないようにしてもらえるのが一番かもしれないなあ・・。
金利の低いつなぎ融資なら、つなぎ融資によって得する場合もあるのかもしれませんけどね。つなぎ融資を借りるならこちらからどうぞ。 ⇒ つなぎ融資.com

Copyright 2011 住宅ローン通らない時は, Inc.