\即日カードローンおすすめ1位/

トップページ

「今すぐ現金が必要だけど審査に通る?」
当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方に即日審査カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日審査のカードローン

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「奥さんにバレたくない」とお悩みの方へ。ネット審査なら誰にも合わずに申し込みができます。電話連絡なし、郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

カードローンの基礎知識コラム

一般的にどこの金融機関でも、借り入れを行えば返済期日までに借入れした金額と合わせて利息分を返済するようになっています。例え一度でも返済できなかった場合には、業者から一度に残りのお金を請求される場合もあります。なので、どうしても返済出来ない時やお金を用意するのが難しい場合は、前もって借りた業者に連絡するようにしましょう。そうする事で、いきなりの督促が来ることもなく、今後、どのように返済していけば良いのか?といった具体的な計画まで相談することも可能だからです。カードローンというワードは、貸金業を営んでいる会社から問題なく返済できるであろうという分の融資を借り出すということを指しているのです。貸金業者等よりお金を融通してもらう時には、まずもし返済が出来なくなったら…ということを想定しての準備が要ります。それが、カードローンという方法をとるならば他人に保証してもらったり、自宅を借金のカタにするという義務もありませんので手軽に利用することが出来ます。健康保険証やパスポート、運転免許証といった本人だと分かるものがあると、大半の方が素早くお金を融資してもらうことが可能だと言えます。カードローンは今すぐに利用することが出来ますし、共に無利息サービスを利用することも可能です。必ず即日で利用したいと考えているのなら、対応している業者を利用してみてください。利息ゼロで利用するには利用するための条件がありますので、クリアしておくことも重要です。少額のカードローンでいいんだけど、さてカードローンの出来る一番少ない額というのは、一体どれぐらいからなんだろう、という人も多いのではないかと思います。そのことについては一般的に個人への融資におけるカードローンの最低額は、1万円からという決まりになっていますが、千円単位から申し込みできる金融会社も存在します。最近始まったマイナンバー制度ですが、今後は利用範囲が金融関係にも広がるため、今、家族に内緒でカードローンをしている場合、借入状況がマイナンバーによって紐付けされ、家族に隠せなくなってしまうのではと不安に思っているという話も珍しくありません。ですが、このマイナンバーで誰かにカードローンしていることが発覚するようなことは絶対にありません。もし、借金が返せず債務整理した過去があっても、マイナンバーを調べただけでは絶対に分からないことですから、心配する必要はありません。しかし、秘密を隠し通すのは難しいことで、例えば住宅ローンの申込の段階でどこの業者とも契約できないなどが原因で意外なところから借金が発覚するケースは珍しくありません。一般的に、カードローンサービスの審査では返済可能かどうかが判断されます。ですから、定期的な収入を得ていることが絶対条件です。公務員や会社員に限らず、パートやバイトで定期的に給与を貰っている方なら、お金を借りられます。無職やニートでは収入の条件を満たせませんから、カードローンは使えません。主婦のケースは少し注意が必要です。消費者金融の提供するカードローンは利用できません。ですから、銀行のサービスに申し込めば、配偶者の収入を元手にお金を借りられるでしょう。カードローンを使った時には返すのが当然の事ですが、何かの理由があって支払うことができない時が発生してしまった場合には断りなくお金を払わないことは絶対にしてはいけません。遅延損害金を求められたり、俗に言うブラックリストに名前が載ってしまったりすることになるでしょう。引っ越しには想像以上のお金がかかります。かねてより計画されていたものであればそのつもりで貯金しているでしょう。でも、場合によっては突然の辞令で、早急に引っ越しの準備をしなければならない時もあります。このような状況で金銭的に苦しい思いをした人も意外と多いのです。急な出費に強いのがカードローンです。申込から融資まで1日もかからないところも増えていますし、金利もそれほど高くありません。ですから、予定とうまく組み合わせれば、いざという時の安心感が違います。申込者の個人情報やローンの利用残高、返済履歴で、借入できる金額が増減します。審査会社により借入限度額はそれぞれ違うのですが、そこまで変わりはないと思ってもらったほうがいいと思います。なぜかというと、良心的な正規の金融業者であれば、概ね同じ審査方法をとっているところがほとんどだからです。よって、申し込んでも審査が通らなかったとなると、違うところからの借入も難しいかもしれません。消費者金融や銀行のカードローンは、いままで一度も利用したことがありません。あれは万策尽きたときにお金を工面する、最終的な方法だと思います。どうしても欲しいものがあったとして、それが今後の返済と等価値なのか考えてから借りるべきでしょう。あくまでも個人の問題ですが、借金癖がつくとなかなか抜け出せず、「計画的」に返すのではなく、「機械的」に借りて返してのループにはまる危険性もあります。大事なのは、自己管理かもしれません。使いみちを決めたら再検討し、自分で用意できる額を用意してから最小限の金額だけを借りるようにすると、延滞やループに陥ることもないでしょう。

おすすめ1位のプロミス