\即日カードローンおすすめ1位/

トップページ > 沖縄県

「今すぐ現金が必要だけど審査に通る?」

当サイトでは沖縄県で今すぐのお借り入れを希望の方に、おすすめの即日審査カードローンをご紹介しています。今日中にお金を借りたいなら、即日審査・即日融資に対応していて、融資実績が豊富で安心して利用できる大手消費者金融のカードローン(※審査時間最短30分)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【即日カードローン.tech】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【即日カードローン.tech】をご覧の「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「奥さんにバレたくない」とお悩みの方へ。ネット審査なら誰にも合わずに申し込みができます。電話連絡なし、郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

沖縄県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.tech】の借入コラム

キャッシングはおおまかに銀行系とノンバンク系に分けることができますが、銀行系最大のメリットといえば、利率が低いため、低金利で済むということでしょう。

また、銀行系は総量規制の対象外になります。

総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことですから、借入限度額が高めな点も、銀行系の強みと言えるでしょう。

当日中に借りられるのはもちろん、銀行だからこそ信頼がおけるのも、他にはない特徴でしょう。

さらに、銀行系のキャッシングは利用できるATMの数がたくさんあり、最寄りのコンビニATMが使えることも多いので、利便性がかなり高くなります。

しかし、審査基準は厳しいので、融資を受けられる人は限られますが、もし、審査に通過するのであれば、銀行系のキャッシングを選びましょう。

まとめて全額が返済できる程度のキャッシングなら、ある一定期間利息を発生させないサービスのある会社を利用すると、普通なら必要なお金がかかりません。

無利息の期間内に借りた金額を返済できればその名の通り無利息でお金が借りられますので、使い勝手が良く多くの人に利用されています。

一括での返済が難しいような場合であっても、無利息の期間を設定しているような業者の方が借り入れの条件も良いことが多いようですから、いろいろなところを比較検討すると良いでしょう。

借入れをする際には必ず審査があり、書類確認は、もちろんですが属性審査、信用情報、その人がしっかり会社に勤めているかといった在籍確認も行われます。

これらの全ての情報を確認した上で、申請した人にはお金を返すだけの能力と実力があるのかを検討します。

申告した内容が事実と異なる場合、審査には受かりません。

既に多額の借金がある人や、返済が延滞するような信用情報に問題がある方は、キャッシングの審査に通る可能性は極めて低いといえるでしょう。

キャッシング利用時の最低額については気になる所です。

会社の大半が最低額が1万円からになっているのですけれど、会社によっては1000円ごとに利用可能なところもあります。

1万円くらいを最低額の基準に考えればいいでしょう。

キャッシングサービスの審査は、勤務先や雇用形態、家族構成や収入の安定性などからきちんと返済できるかどうかで判断されます。

キャッシングする理由をわざわざ言う必要はありませんし、何に使おうとご自身で決めることができます。

つまり、返済期限さえ守れば例えば遊ぶための費用や趣味の費用など、遊興費として使っても構いません。

一方で、滞納してしまうと遅延損害金が発生するので注意してください。

無審査での融資を宣伝文句にしている業者は悪徳業者、闇金融に間違いありません。

利用者が本当に返済できるのか調査しないまま、借金させるので、業者からしてみれば、貸したお金がきちんと返済される保証がないわけです。

それでもその業者が潰れないのは法定金利を超えた金利を設定していたり、悪質で過激な取り立てを行うかもしれません。

返済できなくなれば、ご自身の身に危険が及ぶような取引を持ちかけられるかもしれません。

いわゆる貸金業法は近年改正されたので、金融機関が設定するキャッシングの金利が引き下げるようになっています。

改正以前の取引があった場合、過払い金返還請求ができるかもしれません。

この過払い金返還請求は時効前に行う必要があります。

自分が返済した金額と金利をよく思い出し、完済後でも返済中でも可能な限り早めに専門機関にアドバイスを求めて、返還手続きができるようにしてください。

普通は、お金を借りれば必ず返済期日までに借り入れした分の金額に利子を合わせて支払うのが原則となっています。

万が一、一度でも返済期限を過ぎてしまったり、延滞した場合は、業者から一度に残りのお金を場合によっては請求されることもあります。

なので、どうしても返済出来ない時やお金を用意するのが難しい場合は、返済できないと分った時点で出来るだけ早めに業者に連絡しましょう。

そうした連絡をしっかりとしておけば、いきなり督促がくることもなく、いつまでにいくら支払えば良いかといった具体的な相談も可能になるでしょう。

カードローンに限った話ではないのですが、お金を借りる場合、お金を貸す側が最も重視するのが、借りる側の返済能力の有無です。

ですから、住宅ローンの審査の段階でカードローンなどでお金を借りていると、現実的に住宅ローンを返せるのか、そのような能力があるのかどうか、といった不安要素が残るため、都合が悪いと言えますね。

貸金業法の改正により1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収を証明する必要がありますが、逆説的にとらえればそれより小さければ年収がいくらであるか証明しなくてもよいということも考えられます。

ですが、それより小額でも年収を証明できる書類があったほうがいいとは考えます。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.tech】